【レビュー】サソリの特製から揚げ

これまで上海小吃で提供していた「さそりの特製唐揚げ(太行金蠍)」ですが、仕入先の変更により、サイズが大きくなりました。なお、値段は変わらず1800円となります。

この度、都内で昆虫食の普及に努める昆虫料理研究会のメンバー、葉山さん小池さんの両名に試食をしていただく機会を得ました。

新入荷のサソリ。この写真は調理前です。それにしても大きなサソリです。

調理後のサソリは胴の部分が膨らんでいて、サイズ感がさらにアップしています。

太行金蠍【さそりの特製唐揚げ】

ちなみにこれまでのサソリは、このサイズでした。


葉山さん:
いままで色んなものを食べてきましたが、さそりは久しぶりに食べるのがこわかったです。調理前はどことなくワカメのようなにおいがしました。
調理したものは、油で揚げているのでしょうか、すこし腹がふくれたように見えました。おそるおそる食べてみると、ムカデに似た苦さを感じました。でも外皮はハサミも含めてバリバリと嚙むことができました。
終始薬のような苦みがありますがほのかにうまみもあって、気がつくと、おいしかったな、と思える逸品です。

 

 

 


小池さん:
まず外殻を食べると「カリッ!」とせんべいを噛んだような爽快な歯ごたえ。噛むごとに香ばしさが口一杯に広がる。
ハサミの部分はまるでカニを連想するような白く淡白な肉が詰まっており、甘くて非常に美味。
尻尾の部分に近づくほどに、内臓系の深みのある旨味が増してきた。
大きなサソリだけあって、部位ごとの味を吟味できるので、とてもオススメの一品。

 

 

 

昆虫料理研究家・内山昭一さんによるセミ、バッタ、タランチュラ、ムカデについてのレビューもあわせてご覧ください。